椎間板ヘルニアの改善について

骨盤の痛み

椎間板ヘルニアによる症状でお悩みの方へ

  • 病院の検査でヘルニアと診断されてしまった
  • お尻から足にかけて痛みと痺れを感じる
  • 腰の痛みと足の痺れが気になり、車や椅子に長時間座れない
  • 電気治療やマッサージを受けているが、症状が改善されない
  • 病院で医師に手術をすすめられているが、何とか避けたい

椎間板ヘルニアの症状があらわれると、痛みや痺れのために安静にしている時でさえ辛く感じるようになります。また、足や膝に力が入らず、不安定な状態に悩むこともあります。

電気治療やマッサージでも症状が良くならないため、「もう手術しか手段が残っていないのか」と不安になることもあるかもしれません。

当院の施術で椎間板ヘルニアの症状をスムーズに緩和


京都宇治市の小倉接骨院による施術を受けた患者さまの多くは、数回の施術で症状改善を実感され、ウォーキングや散歩、普段の生活を健康的に過ごされています。

体全体のバランスを整えれば、椎間板ヘルニアの症状を和らげることは可能です。当院では患部だけでなく、体のバランスの調整によって症状緩和を目指します。

体のバランスが正常になれば患部周辺にかかる圧力が軽減され、神経の圧迫と症状、筋肉の緊張がなくなります。数回の施術でヘルニアの症状が消えていくのを実感していただけるでしょう。

あなたが痛みも痺れも感じにくくなり、毎日を楽しく過ごせるようになるまで、私たちがサポートします。

椎間板ヘルニアが起こる原因


椎間板ヘルニアとは、背骨をつなぐ椎間板の組織が加齢や日常生活の動きによって飛び出すことを指します。飛び出した組織が神経や関節を圧迫し、腰痛、下半身の痺れ、運動障害、感覚の麻痺、ひいては排せつの障害などをもたらすのです。

ダメージを受けた場所によって症状が異なることも、ヘルニアの特徴のひとつ。椎間板ヘルニアは日常生活で腰に負担がかかることで起こるケースが多く、長時間のデスクワークや運転をされる方、重いものを持ち上げる作業が多い方、ぎっくり腰を経験された方に、椎間板ヘルニアの発症率が高い傾向にあります。

ほかの原因からヘルニアになる方も少なくありませんが、腰への負担とヘルニアの関係性は無視できないものです。

ヘルニアと痛み、手術の必要性について

「ヘルニアだから腰の痛みや足の痺れがある」とよく聞きますが、椎間板ヘルニアが必ずしも症状を引き起こすわけではありません。実際にヘルニアと診断されても健康に過ごす方も少なくないことから、特に症状が出ていなければ問題はありません。

ただし、痛みや痺れ、歩行障害で悩んでいるのなら、早めに適切な治療が必要です。また、「ヘルニアになったから手術しなくてはいけない」という考えも、すべてのケースで正しいわけではありません。

「手足に力が入らない」「排せつに障害がある」場合には早めの手術が必要ですが、それ以外では経過観察でヘルニアが小さくなるのを待つ保存療法がおこなわれます。

手術の必要がなくなる効果!当院の椎間板ヘルニア改善方法

  • 症状が改善され、手術の必要がなくなった
  • どこの治療でも楽にならなかったヘルニアの症状から解放された
  • 長時間歩いても疲れなくなった


当院では椎間板ヘルニアの治療を多数おこない、上のような実績を重ねてきました。病院や診療所、ほかの治療院での理学療法とは違った観点から椎間板ヘルニアと向き合い、患者さまにとって最善の治療を提案した結果です。

ヘルニア自体は手術で取り除くしか方法がありませんが、症状を軽減させることは可能です。飛び出た組織は時間がたてば小さくなるか戻るケースが多く、緊急の状態でなければ手術をしなくて済むこともあります。

痛みや痺れが楽になるまで当院がサポートしていきますので、症状に悩んだら一度ぜひ小倉接骨院へご相談ください。

椎間板ヘルニアが改善した患者さまの声・口コミ

病院で腰のヘルニアと診断されて、こちらに相談に来ました。
宇治市にお住いの会社員 F・O様(30才)

お悩みや来院理由

病院で腰のヘルニアと診断されて、理学療法にしばらく通っていましたが症状は変わらず、手術を勧められたので、こちらに相談に来ました。

施術後の感想

病院とは全然違う治療法で、数回の治療で腰の痛みと足の痺れが半減しました。 通うたびにマシになっていってるので、これからもこちらに通い続けます。

椎間板ヘルニアがつらい・・
\ そんなお悩みのあなたへ! /