坐骨神経痛の治療について

太ももの付け根

坐骨神経痛でお悩みの方へ

  • 長時間座っていると足が痺れてくる
  • 5分ほど歩くと足が痛み、歩けなくなる
  • 何もしていないのに足の指先がしびれる
  • 腰からお尻、太ももにかけての痛みが強い
  • 足の裏の感覚がない

坐骨神経痛になると腰痛だけでなく、お尻や太もも、足の指先にかけての痛みも感じるようになります。安静にしていても症状があらわれ、ひどい場合には歩行障害や排せつの障害にもつながるリスクも高いです。

早めの対応で重症化を防ぐことは可能ですので、早い段階からきちんと治療を受けることが重要になります。

小倉接骨院は頑固な坐骨神経痛を根元から改善します


小倉接骨院では、原因と症状に注目した治療法で坐骨神経痛を解消していきます。痛みがある場所だけでなく全身を改善することで、痛みも痺れもすっかり消えるのが当院の施術の特徴です。

「ウォーキングやスポーツを楽しみたい」「長時間の作業を楽にこなしたい」「病院通いは卒業したい」こういった想いを持っているのであれば、まずは当院にご相談ください。

坐骨神経痛の原因について

坐骨神経痛は、腰からお尻、太もも、足の指先までつながっている坐骨神経が圧迫を受けることによって起こります。腰痛だけでなくお尻や太もも、ふくらはぎなどに痺れなどの症状があらわれ、悪化すれば日常生活に支障をきたすほどに。

原因としては加齢や筋肉の緊張が考えられますが、腰の病気が潜んでいる可能性もあります。坐骨神経痛自体は病名ではなく、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰痛症、腰椎すべり症などの腰の病気を原因とする症状のことです。

ただし「ヘルニアだから坐骨神経痛になる」とは一概に言えず、ヘルニアでも坐骨神経痛の症状が出ないケースも多く報告されています。腰の病気と坐骨神経痛が必ずしも関係するわけではないのです。

その他の坐骨神経痛を引き起こす原因

坐骨神経痛にはさまざまな原因があり、例えばお尻の筋肉の緊張からくる梨状筋症候群の可能性も考えられます。そのほかにも血管の異常や糖尿病によって似たような症状があらわれるケースも。

そのため、坐骨神経痛は痛みがある患部だけでは改善が難しく、全身の歪みを整えバランスを考えた検査と治療がポイントになります。

小倉接骨院の施術で坐骨神経痛を改善し再発を防止

  • 病院で、「手術しなければ治らない」と言われた
  • 病院で牽引治療やブロック注射などの治療を受けていた
  • 痛みのために大好きなスポーツを中止するほどだった

このように、病院で治療を続けたり趣味をやめなければならなかったりするほどの坐骨神経痛を、当院では的確な施術で改善させてきました。

痛みや痺れなどの症状をなくすのはもちろん、当院では「どうして症状が出ているのか」を深く調べてから施術を進めます。腰やお尻に症状があるからと言って患部だけに原因があるとは限らず、体のゆがみや普段の姿勢がかかわっているケースが多いためです。

当院の坐骨神経痛治療は、患者さまによって必要な回数が変わります。坐骨神経痛は体の中心の問題で起きているパターンが多く、しっかりと治すにはある程度の回数が必要です。

来院回数については施術の際に説明し、無理のない範囲での改善計画を提案します。再び快適な生活を送るためにも、一緒に頑張って坐骨神経痛を治していきましょう。

坐骨神経痛が改善した患者さまの声・口コミ

施術後帰るときには足が軽く良く上がるようになります。
久御山町にお住いの営業職 N・T様(54才)

お悩みや来院理由

マラソン中の太ももの裏のしびれ

施術後の感想

施術後帰るときには足が軽く良く上がるようになります。定期的に通ってたおかげでハーフマラソンぐらいなら痛み無く走れるようになりました。このまま定期的に通院して痛み無くフルマラソンが走れるようにしてもらいます。

坐骨神経痛かもしれない・・
\ と不安の方の為に! /